日本語

WR-R10用ファームウェア(Ver. 3.00ご案内含む)

OS環境に合わせてクリックしてください。

  • Windows
  • Mac

本ソフトウェアは、お客様保有の上記製品 (以下対象製品という) 向けのプログラムです。 本ソフトウェアは下記の同意書にご同意いただいた場合に提供させていただきます。お客様が「同意する」にチェックして、「ダウンロード」を選択されたときは、本同意書にご同意頂けたものとします。本同意書の内容をよくご確認のうえ、本ソフトウェアのダウンロードを開始してください。

  • 【重要】
  • 電波制御 AWL に対応したファームウェア Ver.3.00 へのバージョンアップをご要望されるお客様につきましては、
    ニコンのサービス機関にて無償にて承ります。 詳細は こちら をご覧ください。
2013年3月13日
ダウンロード開始

本サービスでは、WR-R10 のファームウェアを Ver.2.00 にバージョンアップするためのソフトウェアを提供します。 既に上記バージョンになっているときは、バージョンアップする必要はございません。
WR-R10のファームウェアのバージョン確認およびバージョンアップをするには、カメラにWR-R10を接続した状態で行います。対応カメラについては、【WR-R10 のファームウェアのバージョン確認およびバージョンアップができるカメラについて】をご覧ください。
ファームウェアをバージョンアップする前に下記の内容をご確認ください。

【WR-R10のファームウェアのバージョン確認およびバージョンアップができるカメラについて】

  WR-R10のファームウェアのバージョン確認およびバージョンアップができるカメラは、下記のとおりです。

  • Z 7、Z 6

  • D5、D4S、D4 (※)、Df、D850、D810A、D810、D800 (※)、800E (※)、D750、D500、D7500、D7200、D7100

  ※ファームウェアVer1.10以降

● 上記以外のカメラでは、WR-R10のファームウェアのバージョンアップができません。
● ファームウェアのバージョンアップは、ニコンサービス機関でも承っております。


【ファームウェア Ver.1.00から Ver.2.00 への変更内容】
WR-1を送信機、WR-R10を受信機としてD7100に装着する場合に、WR-1に搭載されている「カメラ設定の確認と変更」機能に対応できるようにしました。
WR-1を送信機、WR-R10を受信機として使用する場合に、WR-1に搭載されている「レリーズホールドタイム」機能に対応できるようにしました。
WR-1に搭載されている、グループ(A,B,C,D)に分けて遠隔操作ができる「グループ選択」機能の利便性を図るため、WR-R10に設定されているグループについて、送信時の場合は、A,B,C,Dの全グループ固定からAグループ固定に変更しました。なお、受信時はVer.1.00, 2.00共にAグループのみとなります。

【ファームウェアバージョンの確認方法】
1. WR-R10をカメラに装着します。
2. カメラの電源を ON にします。
3. カメラの [MENU] ボタンを押して、[セットアップメニュー] の [ファームウェアバージョン] を選択します。
4. WR-R10のファームウェアバージョン [W] が表示されますので、バージョンを確認してください。
5. カメラの電源を OFF にします。

【ソフト紹介】
名称 WR-R10 Firmware Ver.2.00
登録名 F-WRR10-V200W.exe (129,000 bytes)
対象機種 ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10
対象バージョン Firmware Ver.1.00
対応 OS Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 8 Pro
Microsoft Windows 8 Enterprise
Microsoft Windows 7 Home Premium
Microsoft Windows 7 Professional
Microsoft Windows 7 Enterprise
Microsoft Windows 7 Ultimate
Microsoft Windows Vista Home Basic
Microsoft Windows Vista Home Premium
Microsoft Windows Vista Business
Microsoft Windows Vista Enterprise
Microsoft Windows Vista Ultimate
Microsoft Windows XP Home Edition
Microsoft Windows XP Professional
Microsoft Windows 2000 Professional
Microsoft Windows Me
Microsoft Windows 98SE

※各日本語版
※カードリーダー、またはメモリーカードスロット搭載のパソコンが必要です。
著作権者 株式会社ニコン
作成方法 自己解凍
転載 不可

【ファームウェアバージョンアップ手順の概要】
1. ハードディスクに適当な名前のフォルダを新規作成します。
2. F-WRR10-V200W.exe を 1.で作成したフォルダにダウンロードします。
3. ダウンロードしたF-WRR10-V200W.exe を実行すると、WRR10Update フォルダが作成され、そのフォルダ内に下記のファイルが作成されます。
WRR10_0200.bin : ファームウェア本体
4. カードリーダーなどを用い、WRR10_0200.bin をカメラでフォーマットしたメモリーカードにコピーします。
5. ファームウェアをコピーしたメモリーカードをカメラのスロット1に挿入してカメラの電源を ON にします。
6. [セットアップメニュー] から [ファームウェアバージョン] を選択して、画面の指示に従いバージョンアップを行います。
7. [バージョンアップ終了] と表示されたら、カメラの電源を OFF にしてメモリーカードを取り出します。
8. バージョンアップ後のファームウェアバージョンを確認します。

バージョンアップに必要な機材や詳細な手順につきましては下記の PDF ファイルをダウンロードしてご覧ください。
WR-R10_FirmUp_Win_Jp.pdf
(878,062 bytes)

この情報をご覧になるためには Adobe Reader (Acrobat Reader) がお使いのパソコンにインストールされている必要があります。

ファームウェアのバージョンアップは、ニコンサービス機関でも承っております。



2013年3月13日
ダウンロード開始

本サービスでは、WR-R10 のファームウェアを Ver.2.00 にバージョンアップするためのソフトウェアを提供します。 既に上記バージョンになっているときは、バージョンアップする必要はございません。
WR-R10のファームウェアのバージョン確認およびバージョンアップをするには、カメラにWR-R10を接続した状態で行います。対応カメラについては、【WR-R10 のファームウェアのバージョン確認およびバージョンアップができるカメラについて】をご覧ください。
ファームウェアをバージョンアップする前に下記の内容をご確認ください。

【WR-R10のファームウェアのバージョン確認およびバージョンアップができるカメラについて】

  WR-R10のファームウェアのバージョン確認およびバージョンアップができるカメラは、下記のとおりです。

  • Z 7、Z 6

  • D5、D4S、D4 (※)、Df、D850、D810A、D810、D800 (※)、800E (※)、D750、D500、D7500、D7200、D7100

  ※ファームウェアVer1.10以降

● 上記以外のカメラでは、WR-R10のファームウェアのバージョンアップができません。
● ファームウェアのバージョンアップは、ニコンサービス機関でも承っております。


【ファームウェア Ver.1.00から Ver.2.00 への変更内容】
WR-1を送信機、WR-R10を受信機としてD7100に装着する場合に、WR-1に搭載されている「カメラ設定の確認と変更」機能に対応できるようにしました。
WR-1を送信機、WR-R10を受信機として使用する場合に、WR-1に搭載されている「レリーズホールドタイム」機能に対応できるようにしました。
WR-1に搭載されている、グループ(A,B,C,D)に分けて遠隔操作ができる「グループ選択」機能の利便性を図るため、WR-R10に設定されているグループについて、送信時の場合は、A,B,C,Dの全グループ固定からAグループ固定に変更しました。なお、受信時はVer.1.00, 2.00共にAグループのみとなります。

【ファームウェアバージョンの確認方法】
1. WR-R10をカメラに装着します。
2. カメラの電源を ON にします。
3. カメラの [MENU] ボタンを押して、[セットアップメニュー] の [ファームウェアバージョン] を選択します。
4. WR-R10のファームウェアバージョン [W] が表示されますので、バージョンを確認してください。
5. カメラの電源を OFF にします。

【ソフト紹介】
名称 WR-R10 Firmware Ver.2.00
登録名 F-WRR10-V200M.dmg (107,419 bytes)
対象機種 ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10
対象バージョン Firmware Ver.1.00
対応 OS Mac OS X 10.1.5 ~ 10.8.2
※各日本語版
※カードリーダー、またはメモリーカードスロット搭載のパソコンが必要です。
著作権者 株式会社ニコン
作成方法 自己解凍
転載 不可

【ファームウェアバージョンアップ手順の概要】
1. F-WRR10-V200M.dmg をダウンロードします。
2. F-WRR10-V200M.dmg をダブルクリックすると F-WRR10-V200M ディスクイメージがマウントされます。
ディスクイメージ内に WRR10Updateフォルダが作成され、そのフォルダ内に下記のファイルが作成されます。
WRR10_0200.bin : ファームウェア本体
3. カードリーダーなどを用い、WRR10_0200.bin をカメラでフォーマットしたメモリーカードにコピーします。
4. ファームウェアをコピーしたメモリーカードをカメラのスロット1に挿入してカメラの電源を ON にします。
5. [セットアップメニュー] から [ファームウェアバージョン] を選択して、画面の指示に従いバージョンアップを行います。
6. [バージョンアップ終了] と表示されたら、カメラの電源を OFF にしてメモリーカードを取り出します。
7. バージョンアップ後のファームウェアバージョンを確認します。

バージョンアップに必要な機材や詳細な手順につきましては下記の PDF ファイルをダウンロードしてご覧ください。
WR-R10_FirmUp_Mac_Jp.pdf
(772,003 bytes)

この情報をご覧になるためには Adobe Reader (Acrobat Reader) がお使いのパソコンにインストールされている必要があります。

ファームウェアのバージョンアップは、ニコンサービス機関でも承っております。



プログラム使用許諾契約書

このダウンロードサービスはご使用の端末に対応しておりません。

ダウンロードリンクをメールで送り、別の端末でダウンロードすることができます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。(無料)
Adobe® Reader®のダウンロードはこちら。

ダウンロードセンター