Nikon
日本語

Wireless Transmitter Utility

OS環境に合わせてクリックしてください。

  • Windows
  • Mac

本ソフトウェアは、お客様保有の上記製品 (以下対象製品という) 向けのプログラムです。 本ソフトウェアは下記の同意書にご同意いただいた場合に提供させていただきます。お客様が「同意する」にチェックして、「ダウンロード」を選択されたときは、本同意書にご同意頂けたものとします。本同意書の内容をよくご確認のうえ、本ソフトウェアのダウンロードを開始してください。

Wireless Transmitter Utility の概要

Wireless Transmitter Utility は、通信ユニット UT-1 や D4S、D4 に内蔵の有線 LAN 、ワイヤレストランスミッター WT-5 および ワイヤレストランスミッター WT-4 を使用する際の接続設定などを行うソフトウェアです。
WT-4 Setup Utility は WT-4 専用のソフトウェアでしたが、本ソフトウェアは、WT-4 の他に WT-5 などにも対応しているため、ソフトウェアの名称を WT-4 Setup Utility から Wireless Transmitter Utility に変更しました。

ご注意
  • • 本ソフトウェアは、通信ユニット UT-1 やワイヤレストランスミッター WT-4、WT-5 を使用する方、または、D4、D4S に搭載されている有線 LAN を使用する方に提供するものです。
  • • 本ソフトウェアは、S-WTU___-010505WF-JPN__-ALL___.exe ファイルで動作します。 お使いのパソコンにダウンロードした上で実行してください。
  • • ウイルスチェック用のソフトウェアや Wireless Transmitter Utility および他のアプリケーションソフトはすべて終了させてから、本ソフトウェアをインストールしてください。
  • • 本ソフトウェアを実行するには、Administrator 権限またはコンピュータの管理者でログオンする必要があります。
  • • WT-4 の [サムネイルセレクトモード] 、および [プリンター接続モード] には対応しておりません。
  • • 本ソフトウェアをパソコンにインストールする際に、Windows 8.1 および Windows 7 では、Windows セキュリティに関する画面が2回、または3回表示されますので [インストール]をクリックして、インストールを続行してください。
  • • WT-4 Setup Utility がパソコンにインストールされている場合、本ソフトウェアをインストールする前に、WT-4 Setup Utility がアンインストールされます。
  • • WT-4 Setup Utility、または Wireless Transmitter Utility Ver.1.3.0 からバージョンアップされる下記の方は、本ソフトウェアインストール後にカメラの通信設定 (接続先の設定) を再度行ってからお使いください。
    • - D4 と WT-5、または有線 LAN 接続を使用している方、 [PC 画像送信モード]、または[カメラコントロールモード] を使っている場合
    • - WT-4 を使用している方 (ただし、[画像送信] モードにて、FTP サーバーを使っている場合は除く)
  • • 本ソフトウェアをダウンロードする前に下記の内容をご確認ください。
ソフトウェア紹介
名称 Wireless Transmitter Utility Ver.1.5.5
登録名 S-WTU___-010505WF-JPN__-ALL___.exe
著作権者 株式会社ニコン
作成方法 自己解凍
転載 不可
動作環境
プロセッサー(CPU) Intel Celeron / Pentium4 / Core シリーズ 1.6GHz 以上
対応 OS
  • Microsoft Windows 8.1
  • Microsoft Windows 8.1 Pro
  • Microsoft Windows 8.1 Enterprise
  • Microsoft Windows 7 Home Premium (SP1)
  • Microsoft Windows 7 Professional (SP1)
  • Microsoft Windows 7 Enterprise (SP1)
  • Microsoft Windows 7 Ultimate (SP1)
  • ※ 各プリインストールモデル
  • ※ 各日本語版モデル
  • ※ Windows 8.1 および Windows 7 は 64 / 32bit 版に対応。
実装メモリ(RAM) Windows 8.1、Windows 7: 1GB 以上 (2GB 以上を推奨)
ハードディスク インストール時および使用時にて、OS 起動ディスクの空き容量が 500MB 以上 (1GB 以上推奨)
モニター
  • 解像度: 1024 × 768 ピクセル (XGA) 以上 (1280×1024 ピクセル (SXGA) 以上推奨)
  • 表示色数: 24 ビットカラー以上
対応機種
  • 通信ユニット UT-1 (WT-5 装着時も含む)
  • (対応カメラ: D4S、D4、D810、D810A、D800、D800E、D750、D7200、D7100、D7000)
  •  
  • D4S、D4 (カメラ内蔵の有線 LAN に対応)
  •  
  • ワイヤレストランスミッター WT-5
  • (対応カメラ: D4S、D4)
  •  
  • ワイヤレストランスミッター WT-4
  • (対応カメラ: D4S、D4、D3X、D3S、D3、D800、D800E、D700、D300S、D300、D7000)
注意事項
  • 【Windows 8.1 についてのご注意】
  • Windows 8.1 は、アドホックモードでの無線 LAN 接続に対応しておりません。
  •  
  • 【UT-1 のファームウェアについて】
  • UT-1 のファームウェアが最新のバージョンとなっているかご確認ください。
    なお、D800 および D800E のファームウェアは A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10 以降であることをご確認ください。
  •  
  • 【WT-4 のファームウェアについて】
  • WT-4 を組み合わせて使用する場合、WT-4 ファームウェア Ver.1.1 になっているかご確認ください。
Ver.1.5.4 から Ver.1.5.5 への変更内容
  • • D810A に対応しました。
  • • 通信ユニット UT-1 ファームウェア Ver.2.4 に対応しました。
UT-1 使用時のご注意
  • • D4、D7000 に UT-1 を取り付けると [画像送信] と [PCモード] 以外に、[サムネイルセレクトモード] および [プリンター接続] も表示されますが、UT-1 では使用できません。
  • • D4S、D4、D7000 を使用し、Wireless Transmitter Utility を起動して設定をする場合、「ハードウェアを選択してください」という画面では、必ず [WT-4 / UT-1 (WT-4 として使用)] を選択してください。
  • • D7100 または D800 / D800E (ファームウェア A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10) を使用し、Wireless Transmitter Utility を起動して設定をする場合、「ハードウェアを選択してください」という画面では、必ず [有線LAN] を選択してください。 なお、UT-1 に WT-5 を組み合わせて使用する場合は [WT-5 (無線 LAN)] を選択してください。
  • • D4S、D4 で UT-1 を接続して使用する場合は、[セットアップメニュー] の [ネットワーク] → [ハードウェアの選択] の設定を [WT-4] にしてください。
D4S、D4、D3S、D800、D800E、D300S および D7000 で撮影した動画の転送について(WT-4)

動画の転送に対応しているモードは下記のとおりです。

D3S および D300S: [画像送信] モード
D4S、D4 、D800、D800E、および D7000: [画像送信] モード、および [PC] モード

ただし、[画像送信] モードの [撮影後自動送信]、および [フォルダー送信] には対応していません。

[画像送信] モードでの動画の転送手順は下記のとおりです。

  1. [画像送信] モードで接続します。
  2. 1 コマ表示モードまたはサムネイル再生モードで動画を選択します。
  3. 選択した動画に下記の手順で送信設定マークを付加すると、転送が始まります。
    D4S、D4: [OK] ボタンを押しながら、マルチセレクターの中央ボタンを押します。
    D3S: サムネイル/拡大ボタンを押しながら、マルチセレクターの中央ボタンを押します。
    D800、D800E および D300S: カメラの [OK] ボタンを押します。
    D7000: [BKT] ボタンを押しながら [OK] ボタンを押します。
インストール手順
  1. ハードディスクに適当な名前のフォルダを新規作成します。
  2. S-WTU___-010505WF-JPN__-ALL___.exe を 1. で作成したフォルダにダウンロードします。
  3. S-WTU___-010505WF-JPN__-ALL___.exe を実行すると、本ソフトウェアのインストーラーが起動します。
  4. この後は、表示される画面の手順に従ってインストールしてください。
ご注意
  • • 本ソフトウェアは、通信ユニット UT-1 やワイヤレストランスミッター WT-4 、WT-5 を使用する方、または、D4、D4S に搭載されている有線 LAN を使用する方に提供するものです。
  • • 本ソフトウェアは、S-WTU___-010505MF-JPN__-64BIT_.dmg ファイルで動作します。お使いのパソコンにダウンロードした上で実行してください。
  • • ウイルスチェック用のソフトウェアや Wireless Transmitter Utility および他のアプリケーションソフトはすべて終了させてから、本ソフトウェアをインストールしてください。
  • • 本ソフトウェアを実行するには、管理者のパスワードの入力が必要となります。
  • • WT-4 の [サムネイルセレクトモード] 、および [プリンター接続モード] には対応しておりません。
  • • WT-4 Setup Utility がパソコンにインストールされている場合、本ソフトウェアをインストールする前に、WT-4 Setup Utility がアンインストールされます。
  • • WT-4 Setup Utility、または Wireless Transmitter Utility Ver.1.3.0 からバージョンアップされる下記の方は、本ソフトウェアインストール後にカメラの通信設定(接続先の設定)を再度行ってからお使いください。
    • - D4 と WT-5、または有線 LAN 接続を使用している方、[PC画像送信モード]、または[カメラコントロールモード] を使っている場合
    • - WT-4 を使用している方(ただし、[画像送信]モードにて、FTP サーバーを使っている場合は除く)
  • • 本ソフトウェアをダウンロードする前に下記の内容をご確認ください。
ソフトウェア紹介
名称 Wireless Transmitter Utility Ver.1.5.5
登録名 S-WTU___-010505MF-JPN__-64BIT_.dmg
著作権者 株式会社ニコン
作成方法 自己解凍
転載 不可
動作環境
プロセッサー(CPU) Intel Core シリーズ / Xeon シリーズ
対応 OS
  • OS X 10.10.3
  • OS X 10.9.5
  • OS X 10.8.5
  • ※ 各日本語版モデル
実装メモリ (RAM) 2GB 以上
ハードディスク インストール時および使用時にて、OS 起動ディスクの空き容量が 500MB 以上 (1GB 以上推奨)
モニター
  • 解像度: 1024 × 768 ピクセル (XGA) 以上 (1280×1024 ピクセル (SXGA) 以上推奨)
  • 表示色数: 1670万色以上
対応機種
  • 通信ユニット UT-1 (WT-5 装着時も含む)
  • (対応カメラ: D4S、D4、D810、D810A、D800、D800E、D750、D7200、D7100、D7000)
  •  
  • D4S、D4 (カメラ内蔵の有線 LAN に対応)
  •  
  • ワイヤレストランスミッター WT-5
  • (対応カメラ: D4S、D4)
  •  
  • ワイヤレストランスミッター WT-4
  • (対応カメラ: D4S、D4、D3X、D3S、D3、D800、D800E、D700、D300S、D300、D7000)
注意事項
  • 【UT-1 のファームウェアについて】
  • UT-1 のファームウェアが最新のバージョンとなっているかご確認ください。
    なお、D800 および D800E のファームウェアは A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10 以降であることをご確認ください。
  •  
  • 【WT-4 のファームウェアについて】
  • WT-4 を組み合わせて使用する場合、WT-4 ファームウェア Ver.1.1 になっているかご確認ください。
Ver.1.5.4 から Ver.1.5.5 への変更内容
  • • D810A に対応しました。
  • • 通信ユニット UT-1 ファームウェア Ver.2.4 に対応しました。
UT-1 使用時のご注意
  • • D4、D7000 に UT-1 を取り付けると [画像送信] と [PCモード] 以外に、[サムネイルセレクトモード] および [プリンター接続] も表示されますが、UT-1 では使用できません。
  • • D4S、D4、D7000 を使用し、Wireless Transmitter Utility を起動して設定をする場合、「ハードウェアを選択してください」という画面では、必ず [WT-4 / UT-1 (WT-4 として使用)] を選択してください。
  • • D7100 または D800 / D800E (ファームウェア A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10) を使用し、Wireless Transmitter Utility を起動して設定をする場合、「ハードウェアを選択してください」という画面では、必ず [有線LAN] を選択してください。 なお、UT-1 に WT-5 を組み合わせて使用する場合は [WT-5(無線 LAN)] を選択してください。
  • • D4S、D4 で UT-1 を接続して使用する場合は、[セットアップメニュー] の [ネットワーク] → [ハードウェアの選択] の設定を [WT-4] にしてください。
D4S、D4、D3S、D800、D800E、D300S および D7000 で撮影した動画の転送について(WT-4)

動画の転送に対応しているモードは下記のとおりです。

D3S および D300S: [画像送信] モード
D4S、D4、D800、D800E および D7000: [画像送信] モード、および [PC] モード

ただし、[画像送信] モードの [撮影後自動送信]、および [フォルダー送信] には対応していません。

[画像送信] モードでの動画の転送手順は下記のとおりです。

  1. [画像送信] モードで接続します。
  2. 1 コマ表示モードまたはサムネイル再生モードで動画を選択します。
  3. 選択した動画に下記の手順で送信設定マークを付加すると、転送が始まります。
    D4S、D4: [OK] ボタンを押しながら、マルチセレクターの中央ボタンを押します。
    D3S: サムネイル/拡大ボタンを押しながら、マルチセレクターの中央ボタンを押します。
    D800、D800E および D300S: カメラの [OK] ボタンを押します。
    D7000: [BKT] ボタンを押しながら [OK] ボタンを押します。
インストール手順
  1. S-WTU___-010505MF-JPN__-64BIT_.dmg をダウンロードします。
  2. S-WTU___-010505MF-JPN__-64BIT_.dmg をダブルクリックすると S-WTU___-010505MF-JPN__-64BIT_ ディスクイメージがマウントされます。ディスクイメージ内に 「Welcome」 というファイルが作成されます。
  3. 「Welcome」 を実行すると、本ソフトウェアのインストーラーが起動します。
  4. この後は、表示される画面の手順に従ってインストールしてください。

同意書

メニューリストから地域を選択してください。

メニューリストから地域を選択してください。

このダウンロードサービスはご使用の端末に対応しておりません。

ダウンロードリンクをメールで送り、別の端末でダウンロードすることができます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。(無料)
Adobe® Reader®のダウンロードはこちら。

ダウンロードセンター