Nikon
日本語

D500用ファームウェア

OS環境に合わせてクリックしてください。

  • Windows
  • Mac

本ソフトウェアは、お客様保有の上記対象機種 (以下対象製品という) 向けのプログラムです。 本ソフトウェアは下記の同意書にご同意いただいた場合に提供させていただきます。お客様が「同意する」にチェックして、「ダウンロード」を選択されたときは、本同意書にご同意頂けたものとします。本同意書の内容をよくご確認のうえ、本ソフトウェアのダウンロードを開始してください。

  • • 本サービスでは、D500 のファームウェア「C」を Ver.1.13 にバージョンアップするためのソフトウェアを提供します。
    [セットアップメニュー]の[ファームウェアバージョン]で、ファームウェアのバージョンをお確かめの上、
    既に上記バージョンになっているときは、バージョンアップする必要はございません。
  • • ファームウェアをバージョンアップする前に下記の内容をご確認ください。
ファームウェアをバージョンアップする前のファームウェアが C:Ver.1.00~1.12までの場合
  • • ファームウェアのバージョンアップは、同じファームウェアで2回行う必要があります。
    •  - 1回目のバージョンアップ中に、カメラに警告メッセージ(「バージョンアップに失敗しました。サービス機関にお問い合わせください。」)
      が表示される場合と表示されない場合がありますが、いずれの場合でも同じファームウェアで続けて2回目のバージョンアップを
      行ってください。
    •  - 2回行うことによりバージョンアップが完了します。
  • • 2回目のバージョンアップ手順について
    •  - 【ファームウェアバージョンアップ手順の概要】5,6,7を行ってください。
  • • 2回目のバージョンアップに関する注意点
    •  - 1回目のバージョンアップでファームウェアバージョンが更新される場合と更新されない場合があります。
    •  - ファームウェアバージョンが更新された場合は、「バージョンアップしますか?」の表示画面で「現在」と「変更」で
      同じファームウェアバージョンが表示された状態を確認できます。
    •  - ファームウェアバージョンが更新されていない場合は、「バージョンアップしますか?」の表示画面で
      「現在」と「変更」で違うファームウェアバージョンが表示された状態を確認できます。
    •  - いずれの場合でも、2回目のバージョンアップを続けて行うとファームウェアバージョンが更新されます。
  • • バージョンアップ後にSnapBridgeアプリとカメラが接続できない場合
    •  - 2回目のバージョンアップを実施していない可能性があります。
    •  - カメラメニューから[セットアップ]→[スマートフォンと接続]の操作で、カメラの画像モニターにアプリ名とカメラ名が表示されている
      画面のとき、表示パネルにBluetoothマークが点滅表示されない場合は、2回目のバージョンアップを必ず実施してください。
ファームウェア C:Ver.1.12 から C:Ver.1.13 への変更内容
  • • Android OSに対応した SnapBridge アプリとカメラで、ペアリングができないことや通信が不安定になる現象を改善しました。
過去の変更内容
C:Ver.1.11 から C:Ver.1.12 への変更内容
  • • iOS 10.2に対応したSnapBridgeアプリとカメラの接続が不安定になる現象を改善しました。
C:Ver.1.10 から C:Ver.1.11 への変更内容
  • • ライブビュー撮影時、スピードライト SB-800 をカメラに装着してオートフォーカスでタッチシャッター操作を行うと、
    シャッターがきれない現象を修正しました。
  • • [セットアップメニュー] > [イメージセンサークリーニング] > [実行]で実施される撮像素子のチェック内容を修正しました。

  • ※ ファームアップ後、上記手順にてイメージセンサークリーニングをすることをおすすめいたします。
C:Ver.1.02 から C:Ver.1.10 への変更内容
  • • iOS版の SnapBridge に対応しました。
  • • 一部のヘルプの記載内容を修正しました。
  • • 下記の現象を修正しました。
    •  - 撮影直後の再生画像を拡大ボタン操作すると、画像が正しく表示されない。
    •  - 半押しタイマーオフのときレリーズボタン半押ししてもフォーカスポイント表示が点灯しない。
    •  - [カスタムメニュー]>f[ 操作]> f1[ カスタムボタンの機能]>[動画撮影ボタン+ ]のメニューをコマンドダイヤルで操作すると
      カメラ操作が出来なくなる。
    •  - 静止画撮影時、[静止画撮影メニュー]>[アクティブD-ライティング]>[しない]以外に設定して、外付けスピードライトで、
      絞り連動外部自動調光(AA)/ 外部自動調光(A)/ 距離優先マニュアル発光(GN)のいずれかの調光モードで撮影すると、画像が暗くなることがある。
C:Ver.1.01 から C:Ver.1.02 への変更内容
  • • 下記の現象を修正しました。
    •  - UHS-IIタイプ の一部のSDメモリーカードでエラーが発生することがある。

    • この現象に関してはカード側のリードエラーにより発生する事を確認しました。これに対して弊社側で出来る処置として、
      UHS-IIモードで動作中のSDカード側にエラーが発生した場合、一時的にUHS-Iモードで動作させることとしました。
    • カメラの電源を入れ直したり半押しタイマーがオンになったりした場合は、再度UHS-IIモードに戻ります。
    • バージョンアップ後でも、ごくまれにカード側のリードエラーが発生する事がございます。
C:Ver.1.00 から C:Ver.1.01 への変更内容
  • • 下記の現象を修正しました。
    •  - [セットアップメニュー]>[言語(Language)]で設定できる言語が正しく表示されないことがある。
ファームウェアのバージョン確認方法
  1. カメラの電源を ON にします。
  2. カメラのMENUボタンを押して、[セットアップメニュー]の[ファームウェアバージョン]を選択します。
  3. カメラのファームウェアバージョンが表示されますので、バージョンを確認してください。
  4. カメラの電源を OFF にします。
ソフトウェア紹介
名称 D500 Firmware「C」Ver.1.13
対象機種 D500
対象バージョン Firmware「C」Ver.1.00 ~ 1.12
登録名 F-D500-V113W.exe
対応OS
  • Microsoft Windows 10 Home
  • Microsoft Windows 10 Pro
  • Microsoft Windows 10 Enterprise
  • Microsoft Windows 8.1
  • Microsoft Windows 8.1 Pro
  • Microsoft Windows 8.1 Enterprise
  • Microsoft Windows 7 Home Premium
  • Microsoft Windows 7 Professional
  • Microsoft Windows 7 Enterprise
  • Microsoft Windows 7 Ultimate

  • ※ 各日本語版
  • ※ カードリーダー、または メモリーカードスロット搭載のパソコンが必要です。
著作権者 株式会社ニコン
作成方法 自己解凍
転載 不可
ファームウェアバージョンアップ手順の概要
  1. ハードディスクに適当な名前のフォルダーを新規作成します。
  2. F-D500-V113W.exe を 1.で作成したフォルダーにダウンロードします。
  3. ダウンロードした F-D500-V113W.exe を実行すると、D500Update フォルダーが作成され、
    そのフォルダー内に下記のファイルが作成されます。
    • D500_0113.bin:ファームウェア本体
  4. カードリーダーなどを用い、D500_0113.bin をカメラでフォーマットしたメモリーカードにコピーします。
  5. ファームウェアをコピーしたメモリーカードをカメラのスロットに挿入してカメラの電源を ON にします。
  6. [セットアップメニュー]から[ファームウェアバージョン]を選択して、画面の指示に従いバージョンアップを行います。
  7. バージョンアップ終了の旨のメッセージが表示されたら、カメラの電源を OFF にしてメモリーカードを取り出します。
  8. バージョンアップ後のファームウェアバージョンを確認します。
  • ※ バージョンアップに必要な機材や詳細な手順につきましては下記の PDF ファイルをダウンロードしてご覧ください。
     DSLR_Firmup_Win_Jp.pdf (PDF)(0.35 MB)
  • ※ ファームウェアのバージョンアップは、ニコンサービス機関でも承っております。
ファームウェアをバージョンアップする前のファームウェアが C:Ver.1.00~1.12までの場合
  • • ファームウェアのバージョンアップは、同じファームウェアで2回行う必要があります。
    •  - 1回目のバージョンアップ中に、カメラに警告メッセージ(「バージョンアップに失敗しました。サービス機関にお問い合わせください。」)
      が表示される場合と表示されない場合がありますが、いずれの場合でも同じファームウェアで続けて2回目のバージョンアップを
      行ってください。
    •  - 2回行うことによりバージョンアップが完了します。
  • • 2回目のバージョンアップ手順について
    •  - 【ファームウェアバージョンアップ手順の概要】4,5,6を行ってください。
  • • 2回目のバージョンアップに関する注意点
    •  - 1回目のバージョンアップでファームウェアバージョンが更新される場合と更新されない場合があります。
    •  - ファームウェアバージョンが更新された場合は、「バージョンアップしますか?」の表示画面で「現在」と「変更」で
      同じファームウェアバージョンが表示された状態を確認できます。
    •  - ファームウェアバージョンが更新されていない場合は、「バージョンアップしますか?」の表示画面で
      「現在」と「変更」で違うファームウェアバージョンが表示された状態を確認できます。
    •  - いずれの場合でも、2回目のバージョンアップを続けて行うとファームウェアバージョンが更新されます。
  • • バージョンアップ後にSnapBridgeアプリとカメラが接続できない場合
    •  - 2回目のバージョンアップを実施していない可能性があります。
    •  - カメラメニューから[セットアップ]→[スマートフォンと接続]の操作で、カメラの画像モニターにアプリ名とカメラ名が表示されている
      画面のとき、表示パネルにBluetoothマークが点滅表示されない場合は、2回目のバージョンアップを必ず実施してください。
ファームウェア C:Ver.1.12 から C:Ver.1.13 への変更内容
  • • Android OSに対応した SnapBridge アプリとカメラで、ペアリングができないことや通信が不安定になる現象を改善しました。
過去の変更内容
C:Ver.1.11 から C:Ver.1.12 への変更内容
  • • iOS 10.2に対応したSnapBridgeアプリとカメラの接続が不安定になる現象を改善しました。
C:Ver.1.10 から C:Ver.1.11 への変更内容
  • • ライブビュー撮影時、スピードライト SB-800 をカメラに装着してオートフォーカスでタッチシャッター操作を行うと、
    シャッターがきれない現象を修正しました。
  • • [セットアップメニュー] > [イメージセンサークリーニング] > [実行]で実施される撮像素子のチェック内容を修正しました。

  • ※ ファームアップ後、上記手順にてイメージセンサークリーニングをすることをおすすめいたします。
C:Ver.1.02 から C:Ver.1.10 への変更内容
  • • iOS版の SnapBridge に対応しました。
  • • 一部のヘルプの記載内容を修正しました。
  • • 下記の現象を修正しました。
    •  - 撮影直後の再生画像を拡大ボタン操作すると、画像が正しく表示されない。
    •  - 半押しタイマーオフのときレリーズボタン半押ししてもフォーカスポイント表示が点灯しない。
    •  - [カスタムメニュー]>f[ 操作]> f1[ カスタムボタンの機能]>[動画撮影ボタン+ ]のメニューをコマンドダイヤルで操作すると
      カメラ操作が出来なくなる。
    •  - 静止画撮影時、[静止画撮影メニュー]>[アクティブD-ライティング]>[しない]以外に設定して、外付けスピードライトで、
      絞り連動外部自動調光(AA)/ 外部自動調光(A)/ 距離優先マニュアル発光(GN)のいずれかの調光モードで撮影すると、画像が暗くなることがある。
C:Ver.1.01 から C:Ver.1.02 への変更内容
  • • 下記の現象を修正しました。
    •  - UHS-IIタイプ の一部のSDメモリーカードでエラーが発生することがある。

    • この現象に関してはカード側のリードエラーにより発生する事を確認しました。これに対して弊社側で出来る処置として、
      UHS-IIモードで動作中のSDカード側にエラーが発生した場合、一時的にUHS-Iモードで動作させることとしました。
    • カメラの電源を入れ直したり半押しタイマーがオンになったりした場合は、再度UHS-IIモードに戻ります。
    • バージョンアップ後でも、ごくまれにカード側のリードエラーが発生する事がございます。
C:Ver.1.00 から C:Ver.1.01 への変更内容
  • • 下記の現象を修正しました。
    •  - [セットアップメニュー]>[言語(Language)]で設定できる言語が正しく表示されないことがある。
ファームウェアのバージョン確認方法
  1. カメラの電源を ON にします。
  2. カメラのMENUボタンを押して、[セットアップメニュー]の[ファームウェアバージョン]を選択します。
  3. カメラのファームウェアバージョンが表示されますので、バージョンを確認してください。
  4. カメラの電源を OFF にします。
ソフトウェア紹介
名称 D500 Firmware「C」Ver.1.13
対象機種 D500
対象バージョン Firmware「C」Ver.1.00 ~ 1.12
登録名 F-D500-V113M.dmg
対応OS
  • macOS Sierra バージョン 10.12
  • OS X 10.11.6
  • OS X 10.10.5
  • OS X 10.9.5
  • OS X 10.8.5
  • OS X 10.7.5
  • Mac OS X 10.6.8

  • ※ 各日本語版
  • ※ カードリーダー、または メモリーカードスロット搭載のパソコンが必要です。
著作権者 株式会社ニコン
作成方法 自己解凍
転載 不可
ファームウェアバージョンアップ手順の概要
  1. F-D500-V113M.dmg をダウンロードします。
  2. F-D500-V113M.dmg をダブルクリックすると F-D500-V113M ディスクイメージがマウントされます。
    ディスクイメージ内に D500Update フォルダが作成され、そのフォルダ内に下記のファイルが作成されます。
    •D500_0113.bin:ファームウェア本体
  3. カードリーダーなどを用い、D500_0113.bin をカメラでフォーマットしたメモリーカードにコピーします。
  4. ファームウェアをコピーしたメモリーカードをカメラのスロットに挿入してカメラの電源を ON にします。
  5. [セットアップメニュー]から[ファームウェアバージョン]を選択して、画面の指示に従いバージョンアップを行います。
  6. バージョンアップ終了の旨のメッセージが表示されたら、カメラの電源を OFF にしてメモリーカードを取り出します。
  7. バージョンアップ後のファームウェアバージョンを確認します。
  • ※ バージョンアップに必要な機材や詳細な手順につきましては下記の PDF ファイルをダウンロードしてご覧ください。
     DSLR_Firmup_Mac_Jp.pdf (PDF)(0.30 MB)
  • ※ ファームウェアのバージョンアップは、ニコンサービス機関でも承っております。

プログラム使用許諾契約書

このダウンロードサービスはご使用の端末に対応しておりません。

ダウンロードリンクをメールで送り、別の端末でダウンロードすることができます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。(無料)
Adobe® Reader®のダウンロードはこちら。

ダウンロードセンター